ファクタリングと一口に言っても、実は色々な種類に分けることができます。買い取ってもらう債権の種類や、関係する会社数などによって利用できるサービスの仕組みや手数料などが変わってくるのです。

 

この記事では、ファクタリングの簡単な仕組みから、6種類のファクタリングの概略について説明していきますので、どのファクタリングを利用して資金調達を行いたいのかを考えながら読んでみてください!

時間的な余裕が少なく、事業資金を今すぐ調達したい、売上債権をどのくらいの金額で買い取ってもらえるか一刻も早く知りたいという経営者様には、たった10秒で簡単に無料診断できるサービスを紹介しています。無料診断後、資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください。

 

ファクタリングとは?

めちゃめちゃシンプルなファクタリングの形をまずは紹介します。ファクタリングってどんなものかをイメージしてもらえればと思います。

 

売掛債権の発生

 

売掛債権を売却

売掛債権は通常支払いサイトが設定されており、すぐには入金されません。資金繰りが厳しく、すぐにお金が欲しい時にファクタリングを利用すると、売掛金を最短即日で現金に変えることができるので大変助かるのです。

 

ファクタリングの種類について

ファクタリングは、以下の3点に基づき6種類に分類することができます。

ファクタリング分類基準

  1. 買取債権の種類
  2. ファクタリング関係者の数
  3. 買取か保証か

買取債権の種類

売掛債権や医療報酬債権、輸出債権など、ファクタリング会社が買い取る債権の種類により、ファクタリングの種類も変わります。

 

ファクタリング関係者の数

ファクタリング契約を結ぶ関係者の数によってもファクタリングの種類が異なります。資金調達企業とファクタリング会社の2社間で行うファクタリングを2社間ファクタリング、資金調達企業とファクタリング会社に売掛先を加えた3社間で行うファクタリングを3社間ファクタリングと言います。

 

買取か保証か

ファクタリングには「買取ファクタリング」と「保証ファクタリング」の2つがあります。債権を買い取り、手数料を得るものを「買取ファクタリング」、債権が支払われなかった場合に、ファクタリング会社が支払いを保証するものを「保証ファクタリング」と言います。

 

ファクタリング6種類の概略を説明

2社間ファクタリング

買取債権の種類 売上債権
ファクタリング関係者の数 2社間
買取か保証か 買取

 

2社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の2社間で行われるファクタリングのことを言います。2社間ファクタリングの場合、自社とファクタリング会社だけの取引になるので、売掛先にバレずに売掛債権を現金化することができます。

 

一方、ファクタリング会社としては、資金調達会社が売掛代金を支払わないリスクを抱えることになるので、手数料は高めになってしまうというデメリットがあります。

 

3社間ファクタリング

買取債権の種類 売上債権
ファクタリング関係者の数 3社間
買取か保証か 買取

3社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社、売掛先の3社間で行われるファクタリングのことを言います。

 

2社間ファクタリングと違って、売掛先からファクタリング会社に売掛代金が直接入金されることになりますので、売掛先の同意を得ておく必要があります。

 

ファクタリング会社は、売掛先の信用力さえ審査しておけば他のリスクは考える必要がありませんので、手数料は2社間ファクタリングと比較すると安くなります。

 

一括回収ファクタリング

買取債権の種類 売上債権
ファクタリング関係者の数 3社間
買取か保証か 買取

 

一括回収ファクタリングは、支払い会社側からファクタリング会社に申し込むファクタリングの形式を取ります。

 

支払会社側は支払手形の発行コストや管理コストを削減できるといったメリットを受けることができます。また、債権者側も手形の支払いサイトは長くなりがちなのですが、ファクタリング会社を挟むことで、いつでも売上債権を現金化できるというメリットがあります

 

保証ファクタリング

買取債権の種類 売上債権
ファクタリング関係者の数 2社間
買取か保証か 保証

 

売掛債権をファクタリング会社が保証してくれるサービスを保証ファクタリングと言います。

 

主に中小企業が大企業と取引を行う時などに利用されるもので、大企業は貸し倒れリスクを防ぐことができるので、取引に前向きになってくれるというメリットがあります。売掛金の回収が長期になる建設業者などを中心に活用されています。

 

国際ファクタリング

買取債権の種類 輸出債権
ファクタリング関係者の数 3社間
買取か保証か 買取

 

海外取引を行う会社が「輸出」をする時に、輸出代金を確実に回収するために利用するファクタリングを国際ファクタリングと言います。

 

国際ファクタリングでは世界各国のファクタリング会社が連携して債権を買い取り、安全に輸出取引が行われるように協力してくれます。

 

医療報酬債権ファクタリング

買取債権の種類 医療報酬債権
ファクタリング関係者の数 3社間
買取か保証か 買取

 

医療機関や介護施設、クリニックが利用する医療版の3社間ファクタリングを医療報酬債権ファクタリングと言います。

 

医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権に対してファクタリングを利用するものですが、「国保や社保」は倒産の可能性が非常に低いため、手数料も安くなるのが特徴です。

 

この記事のまとめ

まとめ

  1. ファクタリングは売上債権を現金に変えるもの
    ・発生した売掛金をファクタリング会社が買取り
    ・資金調達企業は売掛金を即時にキャッシュ化できる
  2. ファクタリングの分類基準
    買取債権の種類
    ・ファクタリング関係者の数
    ・買取か保証か
  3. 分類基準に基づき6種類のファクタリングに分かれる
    ・2社間ファクタリング
    ・3社間ファクタリング
    ・一括回収ファクタリング
    ・保証ファクタリング
    ・国際ファクタリング
    ・医療報酬債権ファクタリング

買取債権や関係者の数により、手数料が大きく変わるので、自社の資金調達需要に合わせてどのファクタリングサービスを利用していくかを決定すると良いでしょう。

ファクタリング会社選びに迷ったら・・・

当サイトでは、貴社の状況に最適なファクタリング会社を見つけることが可能な無料診断サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社が最適なのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスです。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

注意資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかって参りますので、資金調達の件をご相談をください。