「ファクタリングを利用したい!」

少しでもそう思っているのであれば確認しておきたいのがファクタリングの流れと審査で見られるポイント。

ファクタリングの流れと事前に審査で見られるポイントを押さえておくことで、

  • 直前でバタバタ焦ることがなくなる
  • 債権を買い取ってもらう確率が高まる
  • 最短即日での入金を勝ち取れる

といったメリットがあります。ファクタリングの審査基準って甘いって聞いていたために特に準備をせずにファクタリング会社の審査を受けてしまい、「買取不能」となってしまったケースも多くあります

この記事ではファクタリングの流れと審査上のポイントについて徹底解説していきます。

時間的な余裕が少なく、事業資金を今すぐ調達したい、売上債権をどのくらいの金額で買い取ってもらえるか一刻も早く知りたいという経営者様には、たった10秒で簡単に無料診断できるサービスを紹介しています。無料診断後、資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください。

ファクタリングの流れ【概略】

まずはファクタリングの問い合わせから入金までの概略を把握しましょう。ファクタリング契約の流れの全体像は以下のようになります。

ファクタリング契約の流れ

  1. 問い合わせ・申込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約書の確認・押印
  5. 入金

それぞれのステップについて詳細に解説していきますね。

ステップ1:ファクタリング会社へ問い合わせ・申込み

まずはファクタリング会社への問い合わせと申込みを行うことからスタートします。

問い合わせ前にファクタリング会社を比較することが大切

ファクタリングを利用しようと思っている会社は一刻も早く資金調達を行いたいと思っていることが多いと思いますが、焦ってファクタリング会社を決めるのは良くありません。

事前にファクタリング会社同士を、手数料や入金までの時間、買取対応金額、評判などの観点でしっかり比較した上で選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社の中には悪徳会社も混じっているのは事実ですので、悪徳ファクタリング会社に捕まらないようにするのは会社の利益を守るために非常に大事になってきます。

問い合わせ時はWeb申込みが基本

どのファクタリング会社も問い合わせには、

  • 電話での申し込み
  • Web上のフォームからの申し込み

の2つが用意されていることが一般的ですが、多少面倒でも電話ではなくWeb申込みを選ぶことをおすすめします。

ファクタリングの希望買取額や希望入金日を文字として残しておくことで、ファクタリング会社との認識が違ったまま話が進んでしまうことを防ぐことができます。

いざトラブルになった時にも文字情報として記録を残しておくことで、確かに伝えたよね!ということを証明する手段にもなります。

併せて必要書類を用意しておこう

問い合わせや申し込みを行い、ファクタリング会社の連絡を待っている間に必要書類を用意しておくとスムーズにファクタリング契約へと移ることができます。

特に即日の資金調達を目指している場合には1秒でも無駄にしないよう手続きを進めていく必要がありますので、準備は抜かりなく進めていきましょう。

ステップ2:ファクタリング会社による仮審査

ファクタリング会社への問い合わせや申込みを行うと、ファクタリング会社から電話がかかってきます。この電話の中で仮審査が行われます。

ファクタリング仮審査で聞かれること

仮審査では以下のことを聞かれることが一般的です。

ファクタリングの仮審査で聞かれること

  1. 会社名
  2. 売上規模
  3. 資本金額
  4. 業種・業態
  5. ファクタリング希望金額
  6. ファクタリングの売掛先会社
  7. 希望入金時期
  8. ファクタリング資金の予定使途

ファクタリング仮審査の目的

仮審査は、通常上記項目の簡単なヒアリングで終わります。この仮審査の目的は、

  • いたずらではないこと
  • 実在する会社であること
  • 売上規模に対して希望ファクタリング金額が妥当であること
  • 無理難題を押し付けてこないこと

といった基本的なことを確認して、話を進めるかどうかをファクタリング会社が判断することです。

ステップ3:ファクタリング会社による本審査

仮審査が終わると、いよいよファクタリング会社による本審査が行われます。本審査は必要書類を確認して、ファクタリングを行うに足る債権かどうかを重点的に見ていくことになります。

審査で見られるポイント

ファクタリング会社による本審査で見られるポイントは以下の3つが挙げられます。

本当に回収できる売掛金か

本審査で最重要視されるのが「ファクタリング対象債権は本当に回収できる売掛金か」ということ。

ファクタリングは、売掛先が倒産した場合には、債権を買い取ったファクタリング会社がその損失を被ることになりますので、回収が高い確度で見込まれるかというのは非常に大きなポイントです。

売掛先は継続して取引を行っており、過去予定通りに入金されてきたという実績があれば大丈夫ですが、一回限りの取引から生じた売掛金は手数料が高めに設定されたり、最悪の場合には債権買取拒否になることもあります。

本当に資金調達企業が所有する債権か

ファクタリング会社が懸念することとして、「ファクタリング対象債権は本当に資金調達企業が所有する債権か」ということがあります。

これはどういうことかというと、債権が「二重譲渡」された場合にはファクタリング会社が売掛金を回収することは困難になってしまうのです。

そのため、ファクタリングで既に他のファクタリング会社に譲渡されたものを更にファクタリングに出していないかの確認が行われます。

口座差し押さえのリスクがないか

税金が未納になっていたりすると、国に口座が差し押さえられることがあります。

口座を差し押さえられてしまうと、その口座に入金される売掛代金は国に持ってかれてしまいますので、ファクタリング会社としてはそのリスクがないことを確認する必要があります。

そのため、確定申告書や納付書などを見た上で、滞納している税金払いがないことや口座を差し押さえられるような状況ではないことを確認していきます。

審査をより通しやすくするコツ

本審査で見られるポイントは上記で説明したところですが、それ以外で審査をより通しやすくするコツがあります。

丁寧な対応で誠実さをアピール

ファクタリング会社で審査を行うのは「人」ですから、信頼関係を築いていくことが大切です。そのためにも電話対応やメール対応、面談時の言葉遣いなど、丁寧な対応で誠実さをアピールして信頼性を獲得していきましょう。

適度なファクタリング金額にする

無謀な申し出や自暴自棄になって無茶な資金調達をしようとしていることが分かってしまうと、ファクタリング会社側でもリスクを感じて高い手数料を設定したり、債権を買わないということになりかねません。

そのため売上規模、保有している売掛金規模と比較して適度なファクタリング金額にすることがポイントです。

書類をしっかり用意しておく

書類をしっかりと抜かりなく準備をしておくことで、ファクタリング会社の審査担当者はスムーズに本審査に移ることができます。

時間的プレッシャーがある中で審査を行っていくときに、欲しい資料がなかなか出てこないとストレスが溜まるもの。審査担当者の印象も悪くなりますので、書類は適時に提示できるようしっかり準備しておきましょう。

身だしなみを整える

普段の仕事はスーツを着ないという経営者様も多いと思いますが、第一印象をよくするためにも、ファクタリング会社との面談の際には、身だしなみを整えて臨みましょう

誠実さをアピールすることにもつながります。間違っても短パンにサンダルといった服装はヤメておきましょう…

ステップ4:ファクタリング契約書の確認・押印

ファクタリングの審査が通ったら一安心。でもホッとするにはまだ早い。入金までしっかりと対応していきましょう。

審査が通ればファクタリング契約を結ぶことになります。

基本的にはひな形が用意されており、それに目を通して捺印すれば良いのですが、変な条項がついていないことをしっかりと確認して、不明点があれば必ず質問するようにしましょう。

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社と資金調達会社の2社間の契約になります。入金された売掛金額をファクタリング会社で送金することを約束させる「集金代行業務委託契約」を結ぶこともあります。

また、債権の所有権が移転したことを登記することも必要ですが、このあたりはファクタリング会社の指示に従いましょう。

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社と資金調達会社だけでなく、売掛先を巻き込んだ契約を結ぶ必要があります。

そのため2社間ファクタリングと比較して契約までの時間は長くなる傾向にあります。

ステップ5:ファクタリング金額の入金

ファクタリング契約が締結された後はファクタリング会社からファクタリング代金の入金があります。

ファクタリング会社からの入金

ファクタリング会社からは手数料を引いた金額が指定した口座に振り込まれます。ファクタリング契約を締結した後、遅滞なく振り込まれることが多いです。

3社間ファクタリングの場合には、ファクタリング会社からの入金を持って一連の資金調達は完了です。

売掛金の回収とファクタリング会社への送金(2社間ファクタリング)

2社間ファクタリングの場合には、得意先から売掛金の入金がされたら、それをファクタリング会社へ送金する必要があります。

この記事のまとめ

この記事のおさらいとして内容をまとめておきます。

まとめ

  1. ファクタリング会社への問い合わせ・申し込み
    ・事前に比較しておくことが大切
    ・Webから申し込む
    ・必要書類の準備も始める
  2. 仮審査
    ・簡単な項目のヒアリング
    ・いたずらではないことを確認する手続き
  3. 本審査
    ・売掛先の信用力を重点的に審査
    ・二重譲渡では無いことの確認
    ・差し押さえリスクが無いことの確認
    ・経営者の誠実さもポイント
  4. 契約書の確認・押印
    ・契約内容に目を通し、不明点が無いようにする
    ・2社間の場合「集金代行委託契約」を結ぶ
    ・3社間の場合売掛先を巻き込む必要がある
  5. 入金
    ・ファクタリング会社から手数料を引かれて入金
    ・2社間の場合、得意先からの入金をファクタリング会社に送金

この記事では、ファクタリングを利用する際の流れと、審査のポイントについて説明してきました。

ファクタリングを利用するときに審査は避けては通れないものなので、事前に審査で見られるポイントを知っておくのはメリットしかありません。

ファクタリングを利用しようと思っている経営者様はぜひこの記事を読んで、流れと審査で見られることをイメージしてもらえればと思います。