少額債権買取のファクタリング会社おすすめ5選|資金繰りの悩みを一気に解決

みやた

僕みたいな個人だと少額の債権しか持っていないんだけどさ…

ファクタリングって利用できませんか?

少額債権の買い取りが可能なファクタリング会社もあります!

ただ少額債権の場合、ファクタリング手数料は相対的に割高になることは理解する必要があります。そのあたりのメリット・デメリットも合わせて紹介していきますね!

瀬名

資金繰りに苦しむ個人事業主の方は少額の債権を買い取ってもらいたいというニーズが多くあります。

しかし、ファクタリング会社の中には「最低100万円以上」のような下限を設定しているところが少なくありません。

本当に困った…

この記事ではこのような思いを抱いている方のために、少額買取歓迎のおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

まずは押さえておこう!少額債権ファクタリングの注意点

まずは少額債権買い取りを考えている人が知っておくべき注意点についてご説明していきます!

解説する注意点は3つです。

瀬名

少額債権買取の注意点

  • 注意点1:ファクタリング会社から敬遠されている
  • 注意点2:手数料が高くなる
  • 注意点3:少額債権をまとめると手数料を抑えられる

注意点1:少額債権ファクタリングは敬遠される

個人事業主や中小企業からは少額債権買い取りのニーズは根強いのですが、実はファクタリング会社からは少額債権の買い取りは嫌がられることが多いのです。

それはファクタリング会社としては「労多くして実少なし」となるため。

ファクタリング会社の手間は1億円のファクタリングであろうと10万円のファクタリングであろうとそれほど変わらないのです。

例えば…手数料が5%の場合、

  • 1億円→500万円の手数料
  • 10万円→5千円の手数料

ファクタリング会社が受け取れる報酬は天と地の差があります。かかる労力はほとんど変わらないとすれば債権金額は高ければ高いほど有利ですよね。

みやた

なるほど。

一定の手数料を確保できるように下限を定めているところが多いんですね。

おっしゃる通りです!

手もとにほとんど利益が残らないので、少額の債権買取は敬遠されることが一般的です。

瀬名

注意点2:手数料が高くなる

少額債権の場合、一般的に手数料は高くなります。

先ほどの話と関連しますが、ファクタリング会社にとっては高額債権の買い取りも少額債権の買い取りも労力はそれほど変わりません。

一方で、少額債権を買い取った場合受け取れる手数料は少なくなってしまうので、利幅を少しでも確保するためにファクタリング会社は手数料を高くするのです。

みやた

手間がかかるのに利益が少ないのは嫌ということですね。

確かにその気持ちはわかります…。

なので、少額債権の買い取りをお願いする際には、手数料が高くなることを頭に入れて検討しましょう。

しかも法人の場合には登記費用もかかるので、手数料がさらに高く感じます。

瀬名

法人の場合には「登記費用」もかかる

法人の場合、債権譲渡登記が必要となります。

この債権譲渡登記はファクタリング会社が委託している司法書士事務所がやってくれるのですが、その場合の費用負担はファクタリングをお願いする側です。

債権譲渡登記にかかる費用は2万円〜5万円程度。

この金額は固定ですから買取債権が少額になればなるほど登記費用が占める割合が大きくなってしまいます。

なお、個人事業主の場合には登記は不要です。

少額債権にかかる手数料。少しでも低くしたいですよね。

注意点の3つ目として手数料を抑える方法について説明していきます!

瀬名

注意点3:少額債権をまとめると手数料を抑えられる

少額債権でも手数料を低く抑えるポイントがあります。

それは、「少額債権をまとめて買い取ってもらうこと」です。

30万円の債権を1つだけ買い取ってもらうのではなく、少額債権を組み合わせて30万円の債権を5つ買い取ってもらうようにしましょう。

この方法の良いところは次の2つが可能になることです。

活用法
  • 30万円未満の超少額債権も買取対象にできること
  • 少額債権でも手数料を抑えられること

みやた

超少額の債権って管理もめんどくさいからファクタリングに出してしまうのも一つの手ですね!
1件あたりの売上が小さいクレジットカード払いの債権に特に活用できますよ。

瀬名

100万円以下の少額債権買取におすすめのファクタリング会社5選

少額債権の買い取りをお願いする場合、確認すべきは「手数料水準」です。

買い取る債権の金額が少額になればなるほど、どのファクタリング会社を使うかで差が出てきます。

足元を見られず最大の譲渡金額を引き出すためのポイントは…

成功のコツ
最低3つはファクタリング会社に相談すること

理由は以下の2つです。

  1. 買取価格を比較することで一番高い金額のところを選べる
  2. ファクタリング会社に対するプレッシャーになる

複数のファクタリング会社に相見積もりを取ることで、変に安い金額を提示されることがなくなります。

みやた

少額といえど、やらないよりはやった方が良いから他社に負けないよう勉強する、ということですね。
そうなんです!1社に頼らず複数社に競争させることが大切です。

少額債権可能なおすすめファクタリング会社はこちらです!

瀬名

  • 1位:三共サービス
    豊富な実績と業界最低レベルの手数料水準
    【公式サイト】https://sankyo-fs.jp
  • 2位:ウィット
    30万円から500万円の小口特化。非対面式で最短2時間
    【公式サイト】https://witservice.co.jp
  • 3位:アクセルファクター
    小口債権を圧倒的なスピードで買取。中小企業の味方
    【公式サイト】https://accelfacter.co.jp/
  • 4位:ファクタリング東京
    30万円からの少額債権買取。個人事業主も利用可能
    【公式サイト】http://factoring.tokyo
  • 5位:えんナビ
    24時間365日体制で買取可能
    【公式サイト】http://ennavi-factoring.com

1位:三共サービス|手数料の低さで選ぶなら

三共サービスは2001年からサービスを提供している実績の豊富なファクタリング会社です。

三共サービスの特徴は何と言ってもファクタリング手数料の安さ

はっきり言ってファクタリング手数料は無駄な経費ですから徹底的に削除するのが正しい経営判断ですよね。

また、審査が厳しくしっかりと売掛先を査定しており、なおかつ20年近くもファクタリングサービスを提供しているという高い信頼性に基づく安心感があります。

審査に時間がかかるため即日の入金には期待できないのはデメリットです。

手数料を安くしたい経営者様、信頼できるファクタリング会社を探している経営者様にぴったりです。

三共サービスで無料査定する

2位:ウィット|小口債権のスピード買取ならここ

ウィット

ウィットは30万円〜500万円までの小口債権の買い取りに特化したファクタリング会社です。

小口債権専門だからこそ小回りが利き、メールと電話の非対面で審査を行ってくれるのが特徴。

行ったり来てもらったりという時間的ロスを削減できるので、とにかく時間がないという人でも即日資金調達できる可能性が非常に高いです。

500万円以下の少額債権買取をお願いしたい人に向いています。

ウィットで無料査定する

3位:アクセルファクター|スピード感と高い審査通過率

アクセルファクター

アクセルファクターは圧倒的なスピード感で審査を行ってくれるファクタリング会社です。

スピードが早いと手数料が高くなることが一般的なのですが、アクセルファクターは早いのに安いという高水準のバランスを保っています。

審査通過率も93%となっており、他のファクタリング会社では通らなかった審査もアクセルファクターなら通るということもあるようです。

買取額も30万円〜3,000万円となっており、個人事業主から中小企業に使いやすいファクターとなっています。

アクセルファクターで無料査定する

4位:ファクタリング東京|30万円から買取+個人事業主OK

ファクタリング東京は、30万円からの少額債権の買い取りに対応しており、法人だけでなく個人事業主も利用することができるのが特徴のファクタリング会社です。

500万円までの債権は即日〜2日程度で入金されることから、急な資金需要が発生した個人事業主に人気があります。

一方で、ファクタリング手数料は大体15%に落ち着くことが多いため、若干割高感は拭えません。

とはいえ、個人事業主に対応しているファクタリング会社は少ないので、個人事業主で今すぐ事業資金が欲しいという人は検討に値するファクタリング会社です。

ファクタリング東京で無料査定する

5位:えんナビ|24時間365日買取に対応

えんナビ

えんナビは24時間365日買い取りに対応しているファクタリング会社です。

基本的にファクタリング会社は平日のみ対応というところが多い中で、急に土日に資金需要が発生してしまった場合、頼りになるのがこの「えんナビ」です。

ただしその分手数料は他社より高めという評判です。

どうしても休日、あるいは夜の遅い時間に資金調達をしなければならないという特別な事情がある場合に利用すると良いでしょう。

えんナビで無料査定する


少額債権買取が可能なおすすめファクタリング会社は以上となります。

もう一度おさらいしておきましょう!

瀬名

みやた

どこも良さそうですね。

迷ってしまいます…。

迷ってしまう方は、

三共サービス、ウィット、アクセルファクターの3社に相談してみればOKです。

瀬名

まとめ

「ファクタリング会社は少額債権の買い取りは嫌」ということを理解するのが少額債権の買い取りで大切なことです。

その前提でファクタリング会社選びをしていく必要があります。

具体的には、以下の2つの施策が有効です。

  • 複数のファクタリング会社の見積もりを取る
  • 複数の売掛金をまとめて買取をお願いする

せっかく買取をお願いしても受け取れる現金が少なくなってしまったら、資金繰りは改善しません。

この記事で紹介した方法で少しでも損が少ないファクタリングを行なってくださいね!

  • 1位:三共サービス
    豊富な実績と業界最低レベルの手数料水準
    【公式サイト】https://sankyo-fs.jp
  • 2位:ウィット
    30万円から500万円の小口特化。非対面式で最短2時間
    【公式サイト】https://witservice.co.jp
  • 3位:アクセルファクター
    小口債権を圧倒的なスピードで買取。中小企業の味方
    【公式サイト】https://accelfacter.co.jp/
  • 4位:ファクタリング東京
    30万円からの少額債権買取。個人事業主も利用可能
    【公式サイト】http://factoring.tokyo
  • 5位:えんナビ
    24時間365日体制で買取可能
    【公式サイト】http://ennavi-factoring.com